ボールギャグから垂れるヨダレで手コキ!変わったコンセプトの超ニッチ作品

SEX Agentの『よだれ玉凌辱手コキ』を見たのでレビューします。タイトルにある「よだれ玉」というのはボールギャグのこと。ボールギャグをメインに据えたAVというだけでも珍しいのに、そこからたれ落ちるヨダレを使って手コキさせるという超ニッチ動画です。

【出演者】
松本菜奈実・川菜美鈴・平井栞奈・美波沙耶・有村のぞみ・佐伯由美香・篠原りこ
【メーカー】
SEX Agent/妄想族
【収録時間】
115分

オープニング映像のあと2分半あたりから本編。7人の女優さんが順番に登場するので、女の子ごとに見ていきましょう。

松本菜奈実

最初の登場は松本菜奈実。いちおう女の子ごとに簡単な設定があり、松本が風俗嬢で、相手役の男が風俗店の店長という役どころ。店のルールを破った松本が店長にお仕置きされるという流れで、プレイに突入します。

松本菜奈実がボールギャグでヨダレ

少しおっぱいを揉まれたあと、強制的にボールギャグを付けられてしまう松本。軽く抵抗していますが、装着しないと始まらないので、大きく抵抗はしていません。そして口枷をつけるとすぐにヨダレがたれてきます。

すると「そのヨダレくれ!」と言う店長。手に取った唾液をローションがわりに自分のチンコに擦りつけ、松本に手コキをさせていきます。

口枷で涎をたらす松本菜奈実

イヤイヤながらも手コキをする松本。男は「言うことを聞けばこの話は無かったことに」などと言いながら松本を巧みに誘導していきます。カメラは意図的に、男の顔があまり映らないアングルで撮っていますね。

ギャグボールで唾液をたらす松本菜奈実

松本は唾液量が多いようで、手コキをしている最中にもドバドバと唾液が巨乳に滴ります。
途中で松本を仰向けに寝かせ、馬乗りパイズリなどもする男。

松本菜奈実がヨダレで手コキ

最後はボールギャグからたれるヨダレを、直接チンコにたらしながらの手コキ。男がパイ射でフィニッシュして松本菜奈実のパートは終了となります。ザーメンまみれの巨乳に、さらに唾液がたれ落ちるところがグッド。

松本菜奈実の巨乳にパイ射

ただ、松本がよだれ玉を付けたままフェイドアウトするので、ボールギャグを外すシーンはありません。これは少し残念で、ギャグを外した瞬間にドバーっと溢れる大量唾液も見たかったですね。

ちなみに本作中、外すシーンがあるのは1人だけです。

川菜美鈴

2人目は金髪ショートヘアの川菜美鈴。20:06あたりから開始。店の禁止事項を破ったキャバ嬢が店長にお仕置きされるという設定で、店長役の男は「クビ」をチラつかせながら、川菜をボールギャグ凌辱に引き込みます。

川菜美鈴がボールギャグでヨダレ

川菜は最初から唾液を直がけして唾手コキします。途中で上着を脱がせるとイヤらしい乳首も出現。男は手コキされながら、ときどき川菜の乳首をイジっています。

口枷で唾液をたらす川菜美鈴

最後は男が自分でシゴいてスパートをかけ、パイ射で終了。ヨダレ手コキ以外のプレイはほとんど無く、他の出演者に比べて尺も短めです。

美波沙耶にボールギャグを装着

32:50あたりから美波沙耶パート。美波は借金が返せずに2人の男から詰められる設定で、ありがちな「身体で返せ」的な展開となりプレイに突入します。

ギャグボールから涎をたらす美波沙耶

ここまでと同じようにヨダレを使いつつ手コキしていきますが、美波パートは男が2人いるので、もう1人は後ろから電マで責めていきます。するとモゴモゴ言いながらイッてしまう美波。ヨダレを垂れ流しながら絶頂イキします。

口枷で涎をたらす美波沙耶

体勢を変えて、もう1人の男にも手コキでご奉仕。ただ、ここでも電マを当てられているため、手コキは少々おざなりな感じ。美波のイキ方が凄く、雄叫びのような声をあげてイッていますね。

美波沙耶が電マ責めで絶頂イキ

最後は射精寸前まで美波にシゴかせたうえ、男たちがセンズリで射精。2人連続でボールギャグ目がけて発射します。さすがにクリーンヒットはしていませんが、精子の一部は口枷にもかかっています。

4人目は有村のぞみで、55:48からスタート。浮気した彼女へのお仕置きという体(てい)でボールギャグを使用します。ここまでの女優は皆、プラスチック製の穴あきギャグボールでしたが、有村は穴無しタイプを装着。

ボールギャグをつけた有村のぞみ

展開的にはここまでと似たような感じ。ギャグからたれる唾液をローションがわりに手コキさせます。穴無しタイプのボールギャグですが、きちんとヨダレはたれていますね。

有村のぞみがヨダレで手コキ

やはり、女の子が下を向く体勢の方が唾液がたれやすいと感じます。

口枷からヨダレをたらす有村のぞみ

有村にも電マを使用しますが、美波ほど激しいイキっぷりではありません。最後は有森の手コキでパイ射フィニッシュ。発射後にカメラが有森の口元に寄ってくれるので、染み出してくるヨダレがアップで堪能できます。

口枷から出る唾液のアップ

5人目は佐伯由美香で1:17:01あたりから。こちらも浮気に対するお仕置きという設定。少しだけ小芝居をしたあと、プレイに入ります。

佐伯由美香がボールギャグでよだれ

相手の男が早いタイミングでパンツを脱ぎ、手コキ開始。佐伯はボールギャグの下からベロを出してチンコを舐めたりもしており、あんまり口枷の意味がないですw 珍しい絵面ではありますが。

ギャグボールを付けた佐伯由美香

唾液をローションがわりにした佐伯の手コキで男が射精。しかし男の精子の量が少なすぎて、発射がわかり辛いです。

佐伯由美香が唾液で手コキ

6人目の平井栞奈は1:31:45あたりから。平井だけは最初からボールギャグを噛まされた状態でスタートします。設定も無し。

どんどん服を脱がされて身体をまさぐられる平井。しかし口枷からは、ほとんど唾液がたれてきません。ボールギャグ自体もスタートから6分ほど経過したところで外してしまいます。外した瞬間は、唾糸が引いていますね。

その後はもう口枷など関係なく普通に唾手コキしていきます。メーカーがここまでと同じ展開を避けるために、こういう構成にしたのでしょう。

最後は男が、口を開けて待つ平井の口内めがけてザーメン発射。軽くお掃除フェラさせて平井パートは終わり。

1:43:40あたりから、ラスト7人目の篠原りこが登場。篠原は口枷を付けてない状態からスタート。設定などは何もなく、普通にスタッフの男と話しながら進行します。

スタッフから手渡された口枷を篠原が自ら装着。しかもボールギャグではなくリングギャグ!付けるとすぐにヨダレがたれてきます。

リングギャグには乳首クリップも付属しているので、これも装着。ヨダレはとめどもなく溢れてきます。たれてきた唾液が篠原が着ている黒いTシャツにへばり付いているのも、なかなかシコいですね。

途中で男優が登場し、そこからはこれまでと同じようにヨダレを使いながら手コキしていく流れ。唾液量がとにかく多く、唇の2ヶ所くらいからたれ落ちています。

最後は体勢を変え、男優が篠原の手の中で射精して全編終了。

FANZAのレビューに「タイトルによだれ玉とあるので篠原りこもボールギャグを」という突っ込みがあります。的確な指摘だと思いますが、個人的にはリングギャグも見れたことにより、満足度が上がりました。


全体の感想を少し。
ボールギャグに”うめき”や”もがき”を求めるのなら不満が残るかも。女の子たちはそれなりにモゴモゴ言ってますが、そこにあまり重点は置かれていません。あくまでもヨダレをたらすための道具としてボールギャグを使用しています。

ということで「よだれもの」的には大満足。あまり似たような作品を見たことがないので、貴重なコレクターズアイテムだと思います。

サンプル動画はこちら

FANZAが初めての方はこちら。
登録・ご利用方法 – アダルト動画FANZA

タイトルとURLをコピーしました